26日 4月 2019
てんかん専門病院ベーテルの長時間モニタリング検査が、2019年4月25日で検査総数が2万件に達しました!!! 検査科科長 原田早苗のコメントが 下記リンクにございます。 http://bethel-japan.com/2019/04/25/長時間脳波通算番号20000件突破!/
09日 4月 2019
病院オープン20周年を記念して、平成24年1月吉日に、敷地内お稲荷様入り口に朱色の鳥居が設置されました。このお稲荷様は、Dr.ソガの生家に、“守り神”として祀ってあったものです。病院オープンの翌年、当時の理事 石橋源一氏が、行政当局の許可を得て現在の敷地に設置。以降、ベーテルとてんかん市民を暖かく見守って頂いております。 この度、その鳥居が経年劣化によって倒れる危険が高まった為、本日、竹駒神社の権禰宜(ごんねぎ)佐藤純一様にご祈祷いただき、撤去となりました。鳥居がないと、少々淋しげな感じですが、今までと変わらず、この“お稲荷様”は、ベーテルとてんかん市民を見守り続けてくれるでしょう(A)
02日 4月 2019
4月1日付けで、荒谷菜海先生が駅前クリニック新院長就任となります。 この上ない時宜を得てのご赴任になります。職員一同、心からご期待申し上げております。 これからは「Drナミ」とご愛称ください。
29日 3月 2019
ベーテルの体育館(OT室)に。 この度、巨大なアート・ウォールボードが完成しました!。 ”夕べのつどい”でしか拝むことのできなかった『大作』を、ベーテルに常設展示することができます。 なお、各種イベントや作品の展示も、展示しやすくなるばかりか、より見やすくなること間違いなし!です。 ベーテルにお立ち寄りの際は、ぜひ足をお運びくださいませ。 ※ 各種イベントの都合により、大作展示ではない場合もございます上、あらかじめご了承願います。 (A)
28日 3月 2019
3月31日付けをもって、長らくベーテルをご支援下さった佐野正明先生が、いよいよ愛でたくご退任となられます。 佐野先生がお元気な間にこの日を迎えることができたことを嬉しく思います。また、型どおりではありますが、心変わらぬ長いご貢献に、ここに謹んで深く感謝申し上げます。
09日 3月 2019
3/8(金)「3.11 2011 ”てんかん市民の誓い2019” こづみ郁子コーラスライン”」が開催されました。地震は天災ですが、今も色濃く残る原発問題は、紛れもない「人災」です。あの時亡くなった”てんかん市民”を想い、皆でコーラスに気持ちを乗せました。(A)
19日 2月 2019
2019年2月18日、先生は昨年12月17日に東北大学精神科の教授にご就任されて間もなく、多忙を極めるであろう毎日の時間をおさきくださり、てんかんの専門医療の現場をご視察にお越し下さった。ベーテルは、患者の皆さまと共に歓迎し感謝の気持ちをお伝えさせていただいた。 てんかんのためだけに整備された3TのMRIや外来におけるVTR脳波同時記録装置・病棟における24時間脳波モニタリングシステム・患者さん方の日常を支える毎日の作業療法としての空間である体育館等をご視察され、てんかんを支えるスタッフの努力にも目を向けて下さった。 先生は、精神医学教育への取り組みの今後の抱負として、多層的アプローチによるシームレスな高精度精神医療保健体制の構築を可能にする人材育成について述べられた。今後、てんかん医療に取り組むDrの育成が図られることを期待してやまない。(海野美千代)
09日 2月 2019
2/8(金)IED国際てんかんデイに関するイベントがベーテルで行われました。Dr.ソガのお話に、皆のスピーチが続き、てんかんを取り巻く世界がハピネスに包まれるように、合唱し、共に語り合いました。(A) #EpilepsyDay #betheljapan #ベーテル #てんかん #闘病 #脳波 #パープルデイ
02日 2月 2019
2/1(金)「家族会」を兼ねた節分が行われました。患者家族の皆様にもご参加頂き、当院スタッフのアプローチを肌で感じ、考え、共感と熱いお言葉を頂きました。ゲストの行僧:青木さんに節分についてご講義頂き、皆で知識を深めました。(A)
26日 1月 2019
仙台てんかん市民会議(SCAPE : Sendai Citizen’s Action plan on Epilepsy) 発会!の模様。 てんかんを取り巻く様々な問題に、色々な分野でご活躍の皆様から意見を頂きました。 「SCAPE2020」に向けて みんなで#epilepsydayで提言、想いを発信していきましょう!(A)

さらに表示する